2012年4月1日日曜日

(番外編) きのこ~!!

グローバルハートスペースの活動とは直接関係がないのですが、カンボジアのDAC(ダイレクトアクションセンター)から、うれしいニュースがメールで届きました。

CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンのスリランカ研修を経て、現在はカンボジアの現地協力NGO、Hope of Cambodiaのミャンマープロジェクトスタッフとして活躍中のウィンさんが、今年2月からこのDAC施設内で開始したきのこの栽培を実験中ですが、きのこ発生!大成功とのことです。

研修中に、東南アジアでの農作物研究を行うために始まった「きのこの栽培実験」を再度チャレンジする!ということで、DACの修繕も終わっていない頃から、早速に竹製のきのこ小屋が作られ、A館内の2つの「トイレ」が無菌室?!として占拠され、「無菌室・立ち入り禁止」というあやしげな張り紙がされていました。

白い布巾を頭と顔に巻きつけ、夜な夜なA館でヒソヒソと実験は続けられていたようですが、わずか3日前に発生操作(繁殖させたきのこ菌を無菌室からきのこ小屋に移し、空気にふれさせてきのこを出す工程らしいです)を行ったばかりですが、立派な「ひらたけ」が出てきました~


ちょっと不気味な(ごめんなさい!ウィンさん・・・)きのこ栽培の様子は、こちらのブログをご覧下さい。なお、このきのこは、今日の夕食で↓こんな風に味見されたようです。
「あまくて、とってもおいしいきのこです」(ウィン) とのことで、あぁ、うらやましい・・・。

(特派員Yuna)