2012年4月17日火曜日

福井県で活動紹介させていただきました

石川・福井の両県、桜が満開の週末、
福井で実施されたチャリティーイベントに参加させていただきました。


桜が満開でした。

会場となったホテルの傍の川辺は桜並木で、
他県からのお客さんがライトアップされた場所で
写真撮影などしているではありませんか。。。

そして、イベント当日はお祭りがあるということで、
駐車場がどうなるかと前日からシュミレーション実施。

駐車場は混んでおり、荷物の搬入等時間がかかりましたが、
会場の荷物搬入エレベータを使わせていただき、
何とか予定通りに準備にうつることができました。

今回の会の主催の方が、福井の方に一人でも多く
心の平和を、と言う思いのもとたくさんの方が参加。
初めてのボランティア参加者は何もわからない状況ながら、
和やかに既に参加したことがあるメンバーとともに
準備を行ないました。

今回のイベントは、私たちも先日リトリートにお招きした
ガユーナ・セアロ師の講話会。
テーマは「真の幸せ、真の自由」。
真の幸せは自分自身が多くのことを経験することで
味わうことができる。と言うことからはじまり、
セアロ師が丁寧にひとつひとつの質問に答えていらっしゃいました。

最後に、ここの展示品はアジアの人々がひとつひとつ
丁寧に心を込めてつくったあったかいものであること、
その一つ一つを手にとって見てください、そして
これらの手作り品などが、支援につながることをわざわざお話下さり、
お話を終了されました。

会の後には,始める前の時間とは異なり、たくさんの展示作品を手にとって、
実際にどのように作られているか、一つ一つの作品にまつわる話を
聞いていただき、心こもった作品とあたたかい参加者のみなさんの
心がつながった会が終了しました。

   
 講話会の質問もりだくさん                おにぎりいかが?

また、引き続いて、プライベートセミナーが2日間別会場で行なわれ、
私たちも人道支援活動の説明・アジアのプロジェクト作品展示を
引き続き実施させていただきました。

1日目はどこか緊張してしまいました。
皆様に満足して帰っていただきながら、地元のボランティアの皆さんに対し、
「ご来場のみなさまのアジアのプロジェクト品へのご協力が、
そのまま人道支援につながる」
そのことをもっと理解したいただきたい、という気持ちが
不十分だったと気づきました。

思いを新たに、2日めはよりたくさんの方に
プロジェクトや作品に興味を持っていただけるように、ディスプレイを変更。
福井の方は興味はあっても実際に表現することが苦手であること、
派手なものは避ける方が多いことを伺い、そのことを参考に
派手すぎず美しい、、カジュアルを目標にコーディネートを行ないました。




2日目には皆さまにアジアで自立をめざし手作りされた作品のご案内を精一杯行い、
ご協力をたくさんいただくことができました。

普段、石川の拠点に足を運んでくださるボランティアの方々も、
新しい作品をご紹介すると、手にとってくださったり、
春色・ふんわり桜色のシルク、また一目で目に留まった
ロンジー(ミャンマーの巻きスカート)を試着してご協力くださったりしました。

       
グランドゴルフウェアーにします。  最初に目に留まったのが一番  今のお洋服にぴったりです



春色のショールです。

セミナーにいらした方も、心の学びが深まったのか、
すっきりした表情で戻られ、
ボランティアスタッフもみるみる変化し、自分も成長できた
プログラムでした。

ご協力頂きましたみなさま本当にありがとうございました。