2012年6月1日金曜日

5月31日(木)広島にて<大久保>


こんにちは!
今回は、こちら広島市街から1時間半離れた新緑の山並みが美しいクヴェール吉和で開かれていますガユーナ・セアロ師の平和学習会に参加させていただいて、ご紹介させていただいております。

参加された皆さんがセッションを終えられて、「自分をもっと愛そう」とご自身に向き合われている姿を拝見すると、こちらまで、胸が熱くなります。
お美しい♪

私たちも皆さんの喜びがひとつでも増えますように、アジアで自立するために頑張っている人たちのお話や、自分たちの活動のことをご紹介させていただいています。

情熱をもってシルクについて語るスタッフ


それにしても、シルクショールは女性を穏やかに美しく見せてくれるものですね。
今回は、4月にカンボジアのNGO Hope Of Cambodia、NPO CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンが支援されているシルク村に訪問させていただき、生き生きと喜んで働かれている様子を見ることができました。
一目で気に入られてお求めいただきました。孤児院で育ったレモングラスで染られたシルクショール♪とても素敵な方のもとへ

彼女たちが丁寧に織られたシルクショールは次に、心を込めて、手洗いし、手もみ加工をして展示させていただいています。日本の皆さんが喜んで手に取ってくれることを願って、広島のボランティアの方が率先して働かれています。その温かいお心が充満してか、会場内は「シルクショールがとても可愛くなった」と話される方がいらっしゃるほど、愛おしい気持ちが満ちています。

シルク村の女性たちの笑顔が思い出され、心が喜ぶのを感じました。
参加者の喜びの声にスタッフも感動です。

明日からはガユーナ・セアロ師とともに、断食をして自分自身を見つめる断食内観瞑想会が
開かれます。

私たちも参加させていただき、何か幸せのきっかけづくりに貢献できたらと思います。
どうぞよろしくお願いします。

<Reported by TOMIKO>