2012年8月10日金曜日

7月福島に行ってまいりました!  by 片山


暑い暑いと思ってたら、気がつけばもう立秋。

風のにおいが変わり、夜は涼しくなりました。

報告遅れました。

7月の22~24日
7月とは思えない珍しい寒さの日に福島に行ってまいりました!

今回、札幌プログラム後、仙台空港から福島入りの片山と
石川から奥畑さんご夫妻、越後さんの3名と福島で合流しました。

札幌から参加されてた方はこの経路を通って来られていたのかと、
先日まで会っていた札幌メンバーの顔を思い浮かべたものです。

22日お昼に合流後は、奥畑号で二本松へ。
先月はお逢いできなかった娘さんとお孫さんもいらして、
趣味の話で盛り上がり!!

釣りの話や縫製の話、
先月お話した縫製プロジェクトアメリカ企画、クッションの中袋を
縫って待っていてくださいました。

何をするでもなく、いつも少し話をして帰る私たちですが、
ただそれだけですがいつも楽しみにしてくださり、
「物を届けるではない。心を届けてもらうのだ。だから、こちらに来たとき
 素通りだけはしないでください」
とおっしゃってくださいます。
今回もその言葉をかみしめながら、日本松を後にしました。


 














そして、夜は今回は作業スペースがなく、
ホテルにおねがいして、1階の食堂にて仮設訪問準備実施です。
食堂の片隅にカセットコンロを設置し、タオルとペンチ、割り箸片手に
「そろそろOK。もう出していいよ。」と声を掛け合う。

少しはなれたところでは、本日宿泊の9人制バレー実業団選手が
なにやら真剣な表情で話し合い。
およそ場違いな雰囲気を感じつつ、明日製作予定の平和の灯火キャンドルの
キャンドルの芯を楽しんで準備する一同でした。
翌日、何をしていたんですか?と質問されましたが・・・。

日曜日は仮設訪問
小川はみなさん行事でお留守の方が多く。
作田も少ない人数ながら、訪問時間前に集会所にいらして
出迎えてくださいました。
少しですが、バザーも楽しみにしてくださっています。
今回の平和の灯火キャンドル作りは3名。
わいわい言いながらキャンドルの汚れをとる時間が多かったかも。
途中、持参したコーヒーマシンのコーヒーで一服
15個ほどのキャンドルが完成しました。
ありがとうございました!!









翌日は講話会の話し合いの時間、石川メンバーは手分けして
お世話になっているちらし協力店にご挨拶に。
夏にない天候だったのでちょっと助かりました。

メンバーフルに活動した3日間、
次回9月9日街なか広場にて久しぶりにバザー開催予定です。
みなさん 是非またフルに活動しましょう!

9月22日(土)14:00~ 街なか夢工房2階にて講話会開催も決定しました。

今までご縁のあった皆様 ありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願い致します。

今回、初めての福島メンバーも多く、
最初に訪れた場所を再度訪れました。

草が生え、瓦礫が積まれその爪あとをまざまざと感じるものでした。
復興をなしえた部分とまだまだ置き去りにされた部分
置き去りにされた隠された部分から目をそらしてはならない。
そのことを実感した今回の訪問でした。