2012年11月11日日曜日

カンボジアDACCより第7回日本語授業報告書<船津>



今日は日本語授業開催の日でした。
この日本語授業は、語学の習得だけではなく、生活向上、人や社会とのつながりの大切さを伝え、どんな生活状況でも人助けはでき、地域に役に立つ人間になれることを体感できる教室を目指して開催されており、私たちグローバルハートスペースもその現地NGOの活動へ協力参画させて頂いています。

現在は、毎回子ども6~7名の参加ですが、毎回休まずに参加している子どもたちの姿があり、週に1回でも続けて実施させて頂くことを目標に回を数えること7回目。今では、子どもたちと道で会うと、元気に日本語であいさつをしてくれるようになりました。授業前日の夕方には、教室で使わせて頂いているガレージを子供たちがほうきを持ってお掃除をしている姿も^^

第1期目は2か月間、8回で終了予定となっていますので、次週が1期目の最終回です。自分自身が、この日本語授業の目的を忘れずに、少しずつでも地域の方々とこの活動を育んでいけたらと願いつつ、今は目の前のことを精一杯取り組んでいきたいと思います。

以下、ご報告いたします。

++++++

第7回 日本語教室開催報告書

日時:11月11日(日)8:00開始
開催場所:モニーさんの家のガレージ
参加者:子供5名/見学子供2名  欠席者:大人5名 子供3名
従事者:DACCより1名(船津)、通訳ボランティア なし
作成:船津

スケジュール:
8:00 開始・挨拶(号令・礼の練習)/出席確認
8:15 授業開始
●宿題の提出/確認
●前回の復習 [挨拶・動作] おはようございます、こんにちは、こんばんは
きいてください、かいてください、いってください、みてください
よろしくおねがいします、ごめんなさい、いいです/だいじょうぶです
わかりましたか?はいわかりました/いいえわかりません
ゴミを捨てます、手を洗います、手をあげます、きれいにします
●数字の学習(0-40まで)

9:00 2クラス編成
■年長組:きょうこさんの日本語2課~3課、名前の質問会話、「なんさいですか?」
宿題:(か行、な行、は行)やり直し、(ま行、や行、ら行)×10回ずつ
■年少組:掃除用具の名前読み書き(ばけつ・ちりとり・ほうき・ぞうきん・いえ・みち)、単語読み書き(て、あし、め、みみ、)宿題:ひらがな×10回ずつ
9:45 新しい単語(つくえ、いす、かばん、すいとう、たおる、ぼうし)
   あいうえお~発音練習(全員で)
10:00 挨拶/学習終了
10:05 奉仕活動 教室内外の清掃(壁、床拭き、窓、黒板、扉掃除)、ゴミ・落ち葉拾い
10:35 手洗い1名ずつ/タオル貸出し「ありがとうございます」両手での受け渡し
10:40 「いってきます」「いってらっしゃい」「ただいま」「おかえり」
    ロールプレイ(自己紹介)
11:00 集合/片付け/次回の予定/終了

 [状況詳細]
・参加状況:大人は全員欠席、子供3名欠席 連絡なし。
・授業内容: 合同学習1時間(挨拶、数字、発音練習)/2クラス編成1時間。
年長組(11歳2名)年少組(7歳3名)と分ける。年長組はきょうこさんのにほんご2か~3か(年齢、数字の学習)年少組は数字、単語、挨拶と動作の言葉を学ぶ。新しい単語5つ
・奉仕活動:ぞうきん、ほうきの掃除道具を用いて教室内外の壁と床、扉、窓、黒板を清掃。教室の前の道のゴミ、落ち葉拾い。見学者も合同参加。男子チームと女子チームに分かれて奉仕活動を行う。清掃活動後は、手洗い、くつならべ、自己紹介(ロールプレイ)を一人ずつ実施。

[問題点/改善点/気づき]
・挨拶は、毎週、反復練習を行っており、年少組もわかってきている。
・奉仕活動では、途中から遊びになる子もいるので、時間を区切ってテキパキと行う。

[所見]
・授業終了後の奉仕活動がだいぶ定着しているので、2期目は、奉仕活動の内容を教室掃除、道の掃除以外のものも少しずつ取り入れていけたらよいと感じた。
・第1期目の授業が、次週が最後になります。モニーさんへもお伝えし、子供たちへ説明して頂きました。
 挨拶の習得が第1期の目標でしたので、次週もそこを全員ができるように取り組みます。

次回:11月18日(日)8:00~  
場所:モニーさん宅のガレージ

以上       

日本語授業①
日本語授業②
日本語授業③

奉仕活動①
奉仕活動②