2012年5月19日土曜日

旭川プログラム★始まりました♪ <船津>

2月よりカンボジアダイレクトアクションセンターに滞在させて頂いています。一昨日、日本へ約5か月ぶりに一時帰国。シェムリアップ空港から韓国インチョン空港で乗り換え、そのまま札幌・千歳空港へ。

本日から北海道・旭川で始まりました、ガユーナ・セアロ師を招かれての平和学習セミナー「断食瞑想リトリート」に参加させて頂いています。

セアロ師の「断食瞑想リトリート」とは、参加者のみなさんが断食をしながら、アジアの自立支援活動をされているセアロ師の1日3回のご講話と参加の皆さんご自身の無記名での1問1答にセアロ師がお答えくださり、自分自身を内観で見つめながら、一人一人の心の平安につながるというプログラムです。


今回の平和学習会のテーマは「環」
会場は、雪と桜が残る旭岳の大自然のふもとにあるホテルにて、参加者18名全員が女性。和やかな雰囲気で会は始まりました。

私もそのプログラムに参加させて頂き、カンボジアダイレクトアクションセンターでミャンマーの縫製チームのメンバーが作られたアイテムをカンボジアから持ち帰らせて頂き、プログラム会場に展示・活動紹介をさせて頂いています。















主催をされているゆいさんこと塩谷さんとスタッフの山元さんは、昨年岡山で開催されました「平和の祈願祭111111」と「リトリート」に参加され、そのときに旭川でのリトリートを開催したいと決意されたそうです。














山元さんも旭川プログラムのスタッフに手を挙げられた理由は、岡山プログラムに参加されて、そのときのスタッフの働きに感動され、自分も何かできることをやりたい、今度はスタッフとして参加したいとお思いになられたそうです。

主催のゆいさん、山元さんの楽しみながら、共にアイテムをご紹介くださいました。初日の今日は、多くの参加者の皆さまに縫製チームの作品とシルク村支援から生まれたシルクショールをお手にとってご覧頂くことができ、たくさんのご協力を頂きました。








私たちグローバルハートスペースからは、アメリカプログラムに参加していた増田さんと私の2名がスタッフとして参加させて頂いています。2人とも海外から直接現地入りのため、石川ハートスペースからの発送準備は、片山さんが一人で実施。

新しく試験導入しているアイテムの在庫管理ソフトを、アメリカプログラムで実用体験をしてきた増田さんと、カンボジアで悪戦苦闘しながらそのソフトの試用、下げ札のバーコード印刷をさせて頂いている大久保さんと私(汗)皆の知識を合体させて、なんとか苦戦しながらも、無事ソフトへの入力が完了し初日を迎えることができました。

同じく、シルクプロジェクトの広島メンバー、おらさん、マヨさんもシルクショールの洗いモミ加工、梱包、在庫管理をされて、旭川へ発送してくださっています。丁寧に梱包されたシルクショールに触れたときのショールの柔らかさに、お二人と、広島で一緒に活動をされているボランティアメンバーの皆さんのぬくもりが手から伝わってきました。





カンボジアのダイレクトアクションセンターで、生地の購入から、生地台帳の整理、パターン・裁断・縫製の工程を実際に見させて頂いている今。1つ1つのアイテムのストーリーを話したくてしかたない自分、またそれが楽しくてしょうがない自分を感じています。

また、そのアイテムを手に取って、喜ばれている参加者の皆さまの喜びに触れるたびに、胸からこみあげてくるものがありました。ずっと鳥肌が立つほどに感動していました。

心と心をつなぐアイテム「びっぐはぁーとまーけっと」その意味が自分自身の中でつながっていくような、なんともいえない感覚。とにかく楽しい!うれしい!が正直なところです。

ものではなく、心がつながるということ。。
旭川プログラムに参加させて頂き、これからグローバルハートスペースの活動として自分がカンボジアからどのような貢献ができるか、自分をみつめる機会も頂いているように思います。


明日は、プログラム2日目です。参加の皆さまの喜びに少しでもつながるよう、心をこめて、引き続きアジアでの活動のご紹介させて頂きたいと思います。


(reported by KABAKO)


2012年5月12日土曜日

シルクチームだより <by 森田>

シルクプロジェクトチームは、本日シルクショールの発送仕事をしました。
http://ghs-silk-project.blogspot.jp/

色んな失敗にもめげることなく、毎日が勉強勉強!
打たれ強いフィフティーズは今日も元気でした(笑)

そして一つの仕事が終わると、すぐにまた次の仕事です。

次のプログラムの進行状況を考えながら、いろんなやり取りの中で、
自分が今何をすべきか考え、結局やれること、出来ることは
地道な一歩一歩でしかありません。

シルクチームは広島で2名が頑張っているわけですが、
グローバルハートスペースのメンバーは、
現在アメリカ、カンボジア、石川と、同時多発奉仕です。

共に働く仲間たちとは、毎朝スカイプ会議。
色んな報告や連絡も、チャットやメールで早いです。

カンボジアとは2時間の時差ですし、アメリカとは昼夜反対の状況ですが、
パソコンのお陰で、地球は狭く、本当に身近にすぐそこにいるかのごとく、
声を聞くことが出来ます。
毎日声を聞いていると、話す先が海外だということを忘れそうになります。

そうはいっても、今もひとりですが、一人で黙々とやる仕事が一番多いです。
そんな中でも共に歩く仲間たちの存在は、励みになるもの事実!
今の今もスカイプやGトークにみんながログインしているのを確認し、
海外で頑張っている仲間たちの存在を感じています。

仲間たちのログインの緑のランプをみながら、よ~し頑張ろ~~!!!
といつも思うオラです。

さて、明日は早朝から福山へ向かい田んぼプロジェクトです。
http://firm.heartspace-center.net/
肉体労働がまっています(汗)

ではまた~~~!

オラでした。

2012年5月11日金曜日

Chicago people

4月29日~5月7日 同行させていただいたシカゴプログラムで
出会ったハートフルなみなさんをご紹介します。

ラオブラウスがぴったり。マイカラ―の緑で!
カチン族風のエスニックなロンジーがお似合い。

















アンとジェンは準備から手伝ってくれました。長身が映えるチョイスです。

シカゴ市内で行われたセアロ師の講話会。熱心に耳を傾ける姿に国境はありませんね。

個人面談にてシカゴの常連メンバー。
ご自分にぴったりの1着を上手に選んでおられます。
ショールをターバン風に頭に巻いてパチリ。
自由な発想で楽しむアメリカの皆さんです。
(reported by Rikkie)


2012年5月8日火曜日

いざ!アメリカへ

<特派員レポート> by Yuna

日本のチャリティーイベントで知り合った、アメリカのFoundation for Global Harmony,U.S.A と協働でピースイベントを開催することになり、5月1日から2週間、シカゴとミシガン、そして、6月にはペンシルバニアと再びミシガンの別な街を訪問することになりました。

協働・・・といっても、勉強させて頂くことばかりですが、何事もまずはアクション!!彼らの「慈善活動(チャリティー)」や「奉仕」に対する姿勢や文化をしっかりと味わい、自分たちのそれを深め、そして互いの人道支援活動や、平和推進活動を共に広げていけるきっかけの第一歩として今回の参加を決定しました。

私たちができる貢献として、ミャンマー縫製プロジェクト、そしてカンボジアシルク村支援協力のアイテムを持参し、現地の様子や活動の状況を分かち合うことがまず一つ。そして、チャリティーイベントでこれらの作品を活用して頂き、バザーの収益を全額Foundation for Global Harmony, U.S.A の人道支援事業及び平和活動に役立てて頂こうという計画です。

正直を言えば、私たちの活動に協力金を役立てたいところではありますが、同じゴールをめざし、同じ思いで活動をしているNGOですし、沢山の学びをしっかりさせて頂くことを自分に誓い、奉仕の心に磨きをかけ、日本やアジアのみなさんに必ずやフィードバックできる自分になる、ということを第一目標に、惜しみなくフルに奉仕して帰りたいと思います!

これならできる!!・・・、会話はともかく、身をもって示すしかあるまい・・・。日本でもあちこちで展示をさせて頂いてきましたので、まずは段取りよく(?!)、作品を会場に陳列してみました。
今回の訪問にさきがけて、ミャンマー縫製プロジェクトのメンバーが、アメリカ人のサイズにあうかな~と言いながら、長め、大き目、そして色も明るめのものをいろいろと試行錯誤しながら作っていました。それら一つ一つをアメリカ人の仲間にも説明していきます。







ちゃんと、自分たちもどれだけ貢献できたか、そしてどんな作品がお気に召したのか、記録をちゃんととっていけるように、バーコードをつけた下げ札を作ってみたり、説明文を作ってみたり、POPも英語で全部用意して臨みました。

・・・・が、シルクチーム(広島)の準備品は、相次いで却下!(とほほ)
えーーっと、たとえばですね、「Silk Village Support Project」が、「Roject」になっていたりですね、(惜しいっつ!!)こんな英語じゃコンタクトしてくる人はいないと思いますが、自分たちのメールアドレスも間違っていたりですね・・・・。

何事も勉強!何事も体験!こんなことでくじけていてはいけません!

問題のカード。。。

それでも!!17枚ものシルクショールがアメリカ人の皆様の元に旅立って行ってくれたのでした♪さすが・アメリカの皆さんは大陸的で大らかなんだなぁ~~・・・、とおもいきや、これら却下作は、我らがボスの手によって、日の目を見ることなく本当に却下されたとのことでした。。。あぁ。これにくじけず、まだまだGHS in USA、がんばります!

シカゴの5日間プログラムの間に、昨年来日したジェニファーさんが、自分の次の事業で使いたいからということで、新たにロンジー生地を使った瞑想用のシートをミャンマー縫製プロジェクト応援のためにご依頼くださいました。彼女の新しい事業とは、ビジネスマンを対象にした、屋外で瞑想の素晴らしさや自然と一体になれる心安らぐ空間の提供をする事業だそうです。一つでも、次の活動へのつながりができてとてもうれしいです。

つづく