2012年11月24日土曜日

<石川プログラム終了しました!> by 片山

秋も深まり、街路樹の木の葉が舞う季節、
11月17日の午後、石川にてガユーナ・セアロ師の講話会が
開催されました。

会の前後でアジアの衣類・雑貨のチャリティ・バザーを
行わせて頂きました。

石川実行委員会のスタッフはきびきびと準備を行い、
開会予定時間より前に開会し、スタッフを含めて参加者全員に
ゆっくりバザーを味わっていただくことになりました。

きびきびとと準備が進みます











衣類や雑貨の他に
石川らしい飲食の数々。ハートクッキーにどうらくもち米でつくった
おこわ、今年の心米のおにぎり、やきぞば、大学芋
それはそれは盛りだくさん!!
どれも皆さん全額ドネーションの品々です。

また、以前ドネーションいただいた、コーヒーマシーンも大活躍です。

看板娘「如何ですか~!」
こちらもどうぞ!!

しっかり腹ごしらえした後、みなさんゆっくりバザー品を見てくださいました。
かつて、衣類をご購入した下さった方が、みなさん身に着けてご参加
いただけるのはうれしい限りです。

たくさんの方がご参加くださいました!



講話会後も大賑わいです。

どなたかがロンジーを着ているのも見て、ロンジーをみにきました!!
という方もとても多くなりました。
皆様、是非日常でロンジーやシルクショール等を素敵に身に着けられて、
輝いているお姿でどんどん宣伝してくださいませ!

外は冷たい雨が降り続いておりましたが、
心もお腹もほぉっこり温かくなる会でした。

そして、終了後またまた機敏に片づけを済ませ、翌日の面談準備開始です!

個人面談での2日間でもチャリティ展示会を開催させていただきました。
色とりどりのシルクショール






心米、紅茶もりだくさんです!


今回の一押しは色とりどりのシルクショール
そして新作のラップパンツ、オーバーシャツ、Gロングチュニックです。
みなさんにゆっくりしていただき、アイテムをご紹介できる機会に
恵まれ、これを今後につなげていきたいです。
Gロングチュニックです


新作のアイテムを手に取ってくださった方は、
早速身に着けて帰ってくださいました!

赤いオーバーシャツ、普段のパンツにもぴったりで

そして、翌日すっかり片付けもひと段落したところへ。
面談でロンジーセットをご購入してくださった方が、お知り合いとともに
再来訪され、またロンジーやブラウスをお求めくださいました。

こんなつながりをひろげていきたいなぁとしみじみと感じる
石川プログラムでした。

皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。






2012年11月23日金曜日

四国 ガユーナ・セアロ師断食&内観瞑想リトリートに参加して<大久保>

こんにちは!
11月22日から主催者さまのご理解を得て、ガユーナ・セアロ師断食&内観瞑想リトリート<四国>の会場の一部で国際協力チャリティバザーを開かせていただいております。

ガユーナ・セアロ師のプログラムも年内最後の会とあって、参加者の皆様は北海道からもおみえになり、申し込みもすぐに満杯となったそうです。

初日に活動紹介を含めたご案内をさせていただきました。私たちは東南アジアの自立を目指す女性が丁寧に作った手作り品をとおして、ご自身の心の豊かさがさらに深まる一助になれば嬉しいと各地で紹介をさせていただいております。

会の主催者・スタッフは、これまでもアジアの自立支援に積極的に活動されてこられた方ばかり。
現地での最新の情報をお伝えすることができ、とても喜んでいただくことができました。

たくさんの喜びの声をまた、カンボジアのダイレクトアクションセンターに戻って、作り手に届けたいと思います。



★これは可愛い!とすぐに手にとっていただけたミニショッピングバック。こちらはできたてほやほやの最新作。縫製プロジェクトの方のお気に入りベスト3の中の一点です。→

















★手織りシルクショール
細かい織りが特徴で、繊細ながゆえに取扱いに注意する必要があり、ちょっと手が出にくかったと聞いていた作品・・・
また、グリーンxピンクという個性的な組み合わせのショール。
しかし、こんなにお似合いになる方がいらっしゃるなんて!とても嬉しくなりました。













★ミャンマー縫製プロジェクトの話とあらば、思わず熱く語ってしまう主催者。お一人お一人にお伝えします。
その方にふさわしい素敵なコーディネートができたときにはスタッフが一番楽しかったりして^^→


この喜びが海の向こうでがんばっている人達につながっていきますように♪





<Reported by TOMIKO>

2012年11月19日月曜日

カンボジアDACCより第8回日本語授業報告書<船津>

今日は、第1期最後の日本語授業開催の日でした。お日様は雲に隠れ、いつもより涼しい朝を迎えました。

いつも教室としてガレージを提供くださっているお宅が工事のため、今日はC館のガレージにて授業をさせて頂きました。子供たちも第1期目の最後の授業とあって、日本語授業の後の奉仕活動ではいつもより頑張って、1時間しっかりとC館門の前の草取りに励んでいました。

7歳から11歳までの小さい小さい手ですが、合わされば1時間でこんなにきれいになるんだと、子どもたちの大粒の汗から大人の私のほうがたくさんの学びを頂いた気がしました。小さいことをこつこつと継続していくことが大切ですね。。

第2期目は、来年1月から開催の予定です。

以下ご報告いたします。

++++


第8回 日本語教室開催報告書

日時:11月18日(日)8:00開始
開催場所:DACC C館ガレージ
参加者:子供4名/見学子供2名  欠席者:大人5名 子供4名
従事者:DACCより1名(船津)、通訳ボランティア なし
作成:船津

スケジュール
8:00  開始・挨拶(号令・起立・礼の練習)/出席確認
8:15  授業開始
   挨拶(おはようございます、よろしくお願いします、ありがとうございます)/動作の言葉復習(かいてください、みてください、きいてください、いってください、きれいにしてください)
   返事の練習(手をあげる・「はい」)/宿題の確認
   あいうえお~がきぐげご~ぴゃぴゅぴょ ひらがな表発声練習
   きょうこさんの日本語1課~2課復習/3課~4課途中まで(ものの名前)
9:00 挨拶の練習(2人組/ロールプレイ)
   朝・昼・夜の挨拶/自己紹介
   すうじ(1~20/わたしは○さいです。なんさいですか?)
9:20 小テスト15問(プリント使用)/添削・解説
10:00 挨拶/学習終了
10:05 奉仕活動 教室内の掃き掃除/C館門の前草取り
10:55 集合/片付け/手洗い/次回からの予定/名札の回収/終了

 [状況詳細]
・参加状況:大人は全員欠席、子供4名欠席 連絡なし。
・授業内容:第1期最後の授業だったので、これまでの授業の復習(挨拶)を中心に学習。プリントを用いて小テスト実施。→ノート・テキストを見てよいことに変更。
・奉仕活動:教室として使用したC館ガレージの掃き掃除/C館門の前の落ち葉・ゴミ拾い、草取り→一人ずつ手洗い/挨拶をして終了

[問題点/改善点/気づき]
・日本語授業の教室を提供頂いているモニーさん宅の工事のため、ガレージでの授業が落下物などの危険があり、いったんモニーさん宅内にて机を準備した。音がうるさいため、モニーさんと相談し、急遽C館のガレージにて実施。
・奉仕活動では、C館草取りを実施。清掃活動はいつも30分くらいをめどに行っていたが(途中で疲れて集中力がきれる)、今日は1時間集中して子供たちが草取りを行っていた。
・第1期最後の授業だったが、C館大家さんは不在のためお話できず。モニーさんへ次回の説明会実施は12月末、授業開始は1月~位になることを告げる。(詳細は、HOCと打合せをさせて頂いて後日連絡)モニーさんより説明会の近隣の方への案内と2期目もガレージの提供のお申し出を頂く。

[所見]
・第1期の目標であった挨拶、手洗いはできるようになっている。

 以上

日本語授業①
日本語授業②
日本語授業③
奉仕活動①
奉仕活動②


2012年11月11日日曜日

カンボジアDACCより第7回日本語授業報告書<船津>



今日は日本語授業開催の日でした。
この日本語授業は、語学の習得だけではなく、生活向上、人や社会とのつながりの大切さを伝え、どんな生活状況でも人助けはでき、地域に役に立つ人間になれることを体感できる教室を目指して開催されており、私たちグローバルハートスペースもその現地NGOの活動へ協力参画させて頂いています。

現在は、毎回子ども6~7名の参加ですが、毎回休まずに参加している子どもたちの姿があり、週に1回でも続けて実施させて頂くことを目標に回を数えること7回目。今では、子どもたちと道で会うと、元気に日本語であいさつをしてくれるようになりました。授業前日の夕方には、教室で使わせて頂いているガレージを子供たちがほうきを持ってお掃除をしている姿も^^

第1期目は2か月間、8回で終了予定となっていますので、次週が1期目の最終回です。自分自身が、この日本語授業の目的を忘れずに、少しずつでも地域の方々とこの活動を育んでいけたらと願いつつ、今は目の前のことを精一杯取り組んでいきたいと思います。

以下、ご報告いたします。

++++++

第7回 日本語教室開催報告書

日時:11月11日(日)8:00開始
開催場所:モニーさんの家のガレージ
参加者:子供5名/見学子供2名  欠席者:大人5名 子供3名
従事者:DACCより1名(船津)、通訳ボランティア なし
作成:船津

スケジュール:
8:00 開始・挨拶(号令・礼の練習)/出席確認
8:15 授業開始
●宿題の提出/確認
●前回の復習 [挨拶・動作] おはようございます、こんにちは、こんばんは
きいてください、かいてください、いってください、みてください
よろしくおねがいします、ごめんなさい、いいです/だいじょうぶです
わかりましたか?はいわかりました/いいえわかりません
ゴミを捨てます、手を洗います、手をあげます、きれいにします
●数字の学習(0-40まで)

9:00 2クラス編成
■年長組:きょうこさんの日本語2課~3課、名前の質問会話、「なんさいですか?」
宿題:(か行、な行、は行)やり直し、(ま行、や行、ら行)×10回ずつ
■年少組:掃除用具の名前読み書き(ばけつ・ちりとり・ほうき・ぞうきん・いえ・みち)、単語読み書き(て、あし、め、みみ、)宿題:ひらがな×10回ずつ
9:45 新しい単語(つくえ、いす、かばん、すいとう、たおる、ぼうし)
   あいうえお~発音練習(全員で)
10:00 挨拶/学習終了
10:05 奉仕活動 教室内外の清掃(壁、床拭き、窓、黒板、扉掃除)、ゴミ・落ち葉拾い
10:35 手洗い1名ずつ/タオル貸出し「ありがとうございます」両手での受け渡し
10:40 「いってきます」「いってらっしゃい」「ただいま」「おかえり」
    ロールプレイ(自己紹介)
11:00 集合/片付け/次回の予定/終了

 [状況詳細]
・参加状況:大人は全員欠席、子供3名欠席 連絡なし。
・授業内容: 合同学習1時間(挨拶、数字、発音練習)/2クラス編成1時間。
年長組(11歳2名)年少組(7歳3名)と分ける。年長組はきょうこさんのにほんご2か~3か(年齢、数字の学習)年少組は数字、単語、挨拶と動作の言葉を学ぶ。新しい単語5つ
・奉仕活動:ぞうきん、ほうきの掃除道具を用いて教室内外の壁と床、扉、窓、黒板を清掃。教室の前の道のゴミ、落ち葉拾い。見学者も合同参加。男子チームと女子チームに分かれて奉仕活動を行う。清掃活動後は、手洗い、くつならべ、自己紹介(ロールプレイ)を一人ずつ実施。

[問題点/改善点/気づき]
・挨拶は、毎週、反復練習を行っており、年少組もわかってきている。
・奉仕活動では、途中から遊びになる子もいるので、時間を区切ってテキパキと行う。

[所見]
・授業終了後の奉仕活動がだいぶ定着しているので、2期目は、奉仕活動の内容を教室掃除、道の掃除以外のものも少しずつ取り入れていけたらよいと感じた。
・第1期目の授業が、次週が最後になります。モニーさんへもお伝えし、子供たちへ説明して頂きました。
 挨拶の習得が第1期の目標でしたので、次週もそこを全員ができるように取り組みます。

次回:11月18日(日)8:00~  
場所:モニーさん宅のガレージ

以上       

日本語授業①
日本語授業②
日本語授業③

奉仕活動①
奉仕活動②


2012年11月7日水曜日

アリゾナプログラム報告


11月1日~3日の3日間、アリゾナ州の州都フェニックス郊外の
スコッツデールという街で、ガユーナ・セアロ師の平和学習プログラムが
Foundation for Global Harmony, USA(以下、FGHと表記)の主催で
開催されました。

1日に講話会、2~3日は交流サロンを設えたPrivate Sessionです。

GHSも縫製プロジェクトとシルクプロジェクトの支援アイテムを持参し、
上記財団主催のチャリティー展示会のサポートをさせて頂きました。

講話会の模様。リサイクル家具店にて。




























消費大国アメリカと言われていますが、
私たちが扱う、アジアの生地や手織りの布をぜいたくに使った
アイテムは、とても珍しく、会を支援する現地サポーターからも
こんな生地やデザインは自分たちの周りにはあまりないということで、
まずはスタッフのみなさんが、ディスプレイ兼ショッピングです。

ショッピングは、女性は特に! みんな大好きですよね。
寄付文化と慈善事業が定着しているアメリカでは、
ショッピング=寄付と明快にうたっているFGHの展示会は、
両方が同時に実現できるということで、順番に一通り
アイテムをご覧になる方が多かったです。
今年から導入した英語版下げ説明を追加札も大活躍です。、
下げ札をきっかけに、これはどちらの国の生地ですか?
どんな素材ですか? 縮みはどのくらい? と具体的な質問も
多かったです。

カンボジアのシルク村やミャンマーのインレー湖畔の村で
手織りされていることを伝えると、それは珍しいものだと
笑顔で感心しながら手に取ってその感触を確かめておられました。

たくさんの種類のアイテムを扱っていますが、
お求めくださったものは、ロンジーをはじめ、ブラウスやシャツ、
ショールやバッグとまんべんなくお求めいただいたと思いますが、
12月のクリスマスを念頭に、プレゼントとして
お求めになる方も多かったです。小物類もよく出ました。

開催地のアリゾナは、昼暑く、朝晩は冷え込む内陸気候で、
周辺に砂漠もあり、非常に乾燥している土地柄。
雨は少なく、滞在中は一滴も降ることなく、連日抜けるような青空が
広がっていました。














そんな土地柄か、明るく、鮮やかな色が好まれるようで、
ビッグザイズの方が多いアメリカらしく?!
ゆったりとしたシルエットのものが好まれたようです。

大きなサイズは日本ではなかなか合う方がいらっしゃらなかったのですが、
今回の展示会で、いくつかご紹介できたことが、個人的にはとても
嬉しかったです。

プログラムの参加協力金に満足されない男性がいらっしゃったのですが、
ミャンマーの手織りコットンのビッグサイズシャツは、
着心地がよく、着ていてとても気持ちいいと言って納得して
お求めになり、主催メンバーの方もほっとされていました。

スタッフミーティング


交流サロン。ゆったりした空間です。


























スコッツデールでの開催は今回初めてで、告知や段取りでは
苦労する場面もありました。
地元主催スタッフのみなさんの他に、全米各地から
財団のサポートメンバーが手伝いにかけつけました。

どのプログラムも、それがアメリカでも日本でもそうですが、
すべて順調ということはなかなかなく、いろいろな問題やハプニングも
経験しながら、一人一人が各自の学びを深めていくことも、
この平和学習会で大きなギフトだと思います。

個人まりした開催ではありましたが、最後には、他の開催と
同じように財団へ寄付金を残すこともでき、
心配していた地元メンバーの表情が晴れやかに輝いていました。

たくさんの出会いと学びを今回もまた頂きました。
ありがとうございました。

報告:増田リエ

2012年11月5日月曜日

カンボジアDACCより第6回日本語授業報告書<船津>

こんにちは。石川ハートスペースも冬の気配がすぐそこまで…とのことですが、カンボジアは雨季が終わり、日ごとに日差しが強まっています。

青空の下、第6回目の日本語授業を開催させて頂きました。今週も先週と同じく子どもたち6名の参加でした。2時間の日本語授業の後の奉仕活動では、教室の掃除と道のゴミ拾い、また洋服のたたみ方の演習を行いました。

授業開始1時間を過ぎることには、お借りしているガレージの中の気温も急上昇。。。ですが、今日も元気いっぱいのカンボジアの子どもたちでした。

下記、ご報告させて頂きます。

+++++

第6回 日本語教室開催報告書

日時:11月4日(日)8:00開始
開催場所:モニーさんの家のガレージ
参加者:子供6名/見学子供3名     欠席者:大人5名 子供2名
従事者:DACCより2名(大久保、船津)、通訳ボランティア なし
作成:船津
スケジュール:
8:00 開始・挨拶/出席確認
8:15 授業開始 2クラス編成
①年長組2名(担当:大久保)
前回の授業の復習、教科書(きょうこさんのにほんご)2か~3かにかけて
数字学習(0-20、10、20・・・100まで)、自分の年齢
名前の質問会話、書き取り「あなたのなまえはなんですか」
宿題(か行、な行、は行)x10回ずつ

年少組4名、見学者3名(担当:船津)
前回の授業の復習・挨拶、掃除用具の名前(ばけつ・ちりとり・ほうき・ぞうきん)、単語読み書き(て、め、みみ、みち、いえ)、きいてください・かいてください、いってください、数字学習(1~20)なんさいですか/宿題(単語4つ×10回ずつ)

9:55 今日の勉強の復習
10:00 挨拶/学習終了
10:05 奉仕活動 教室内外の清掃(壁、床拭き、窓、黒板、扉掃除)、ゴミ・落ち葉拾い
10:35 手洗い(前回の復習)1名ずつ
10:40  くつならべ「いってきます」「いってらっしゃい」「ただいま」「おかえり」
         服のたたみ方の演習
11:00  集合/片付け/次回の予定/終了

 [状況詳細]
・参加状況:大人は全員欠席、子供2名欠席 連絡なし。
・授業内容: 2クラス編成。年長組(11歳2名)年少組(10歳1名、7歳3名)と分ける。年長組はきょうこさんのにほんご3か(年齢、数字の学習)、年少組はこれまでの復習、数字、挨拶と動作の言葉を学ぶ。
・奉仕活動:ぞうきん、ほうきの掃除道具を用いて教室内外の壁と床、扉、窓、黒板を清掃。教室の前の道のゴミ、落ち葉拾い。見学者も合同参加。男子チームと女子チームに分かれて奉仕活動を行う。奉仕活動後は、手洗い、挨拶(ロールプレイ)、靴ならべ、服のたたみ方演習を実施。

 [問題点/改善点/気づき]
・授業が始まって1時間ほど経過すると、暑さが増し、途中集中力がきれそうな子どもがいた。
・前回と同じ見学者の子ども3名が授業・奉仕活動へ参加。途中、別の新しい子どもが母親と一緒に見学に来て、授業への参加を希望。あと2回で第1期の授業が終了するので、12月からスタートの次回2期目の説明会・授業から参加して頂くようお話させて頂いた。

[所見]
・飲み込みが早い。数字の10以上単位の読み方についてもすぐに理解できる。衣類のたたみ方では、明らかにできない人はいない。今後も整理整頓、主体的に自らのことができるようになるための授業を工夫していきたい。(大久保)
・授業開始前から時間を守り、子供たちも教室に集まってきていた。奉仕活動の清掃が定着してきているように感じる。(船津)

次回:11月11日(日)8:00~
場所:モニーさん宅のガレージ 以上

日本語授業①

日本語授業②

奉仕活動①
奉仕活動②
奉仕活動③