2013年9月28日土曜日

名古屋プログラム展示会  <横田>

名古屋にて、久しぶりに開催されたガユーナ・セアロ師のプログラム。GHSも国際協力展示会を開催せていただいております。

展示スペースが小さめな今回の場所ですが、試行錯誤でスタッフのレイアウト準備が始まります。
いつもながら、最初はどうなることかと思う散乱状況ですが、できあがってみると、自画自賛の心地よい空間に変化します。けれども、一日の展示会が終了して、人の流れやご協力へのつながり具合を検証して、再度レイアウト変更することも多々あります。
スタッフそれぞれがアイデアを出し合い、行動に移していくことで更によい空間となっていきます。

来場された方々へ自分たちの行っている活動や、作品のご紹介をさせていただくことが私達の仕事ですが、こうした展示会では作品の一つ一つのエピソードをゆっくりお伝えできる大変貴重な機会となっています。

ご興味を持ってくださる方、活動を応援したいといってくださる方、ご自身も何かしらの行動を起こしたいと思われている方、そういった方々にお会いできることが、何より楽しく活動の原動力となります。
広島のシルクプロジェクトメンバーで草木染をしたシルクショールを、ご協力くださった女性は、ご自身も奉仕活動がとてもお好きで、お仕事としてもそういったことをされているそうです。
カンボジアの女性たち、そして日本の女性たちの心を込めた作品が素晴らしいと、ご協力くださいました。ありがとうございます。