2014年2月21日金曜日

シルク村訪問 <森田>

このたびのカンボジア、シルク村へは、GHSからは横田、小池、森田の3名が訪問させていただきました。

織手さんとの打ち合わせはダイレクトアクションセンターにて事前に済んでおりましたが、村の現状の把握、シルクショールの保管状況、織手さんの確認、染料の番号が不明のものの確認、また今まで織ったショールの長さがかなり違うので、長さを統一するためのやり方を伝え確認するなど村の方と話すことが色々とあります。通訳がいなくてはたして通じるのだろうか・・・
という不安はあるものの、今回は身ぶり手ぶりでもやるしかないと、覚悟をしていました。

当日の朝になって、現地NGO Hope of Cambodia の代表でもあるプリンセスが急きょ村に同行くださることになり、私たちをホテルに迎えに来てくださいました。

英語が話せるとは言えない3名ですが、クメール語はもっとあやしい状況なので、英語で通訳してくださるプリンセスの同行は、とても心強くありがたかったです。

前回私たちがシルク村に訪問した時は、雨季と異常気象の為に、道は遮断され、車でもバイクでも難しいということで、馬車とボートを利用してシルク村にたどりつきましたが、今回はワゴン車で、直接村へ訪問することができました。

道がきれいになったと言っても、ガタガタ道で砂ぼこりの中をロデオのような状況で進むのですが、それでも前回の事を思うと『楽』と思える村までの道のりでした。

村の方たちは本当に快く私たちを迎えてくださいました。初めておあいした時から、少しづつ、少しづつ村の方々と交流する機会をいただき、話合い、草木染めをともにしたりと一歩づつでも近づいてきていることを実感できました。

大まかな話はできても、細かい話になると、やはり理解できず、言葉の壁を感じました。クメール語がもっとはなせたら・・

DACCに在住の二人は少しづつでもクメール語が話せるようになっております。私も今後シルクに関わるからには少しでも勉強をしなくては!!と思われました。

詳細はこちらのブログをごらんください。

シルク村プロジェクトブログ

GHSでは1年に2回の予定で、今後も村を訪れ、継続的な支援協力を続けて行く予定です。帰国後は、村の現状、活動などの報告を、協力していただく方にしっかりとさせていただき、村の支援、協力を今後も継続してやっていけるように頑張ろうと思います。


今回の訪問では、経費をかけてスタッフが数名で訪問する必要があるのか・・・継続しての支援、協力が本当に必要なのだろうか・・・という疑問が自分の中にありました。



しかし、実際にカンボジアの地に来て、村を訪問し、日本との違いも痛感し、村の方々の頑張り、現地NGOの協力、私たちの活動一つ一つのつながりや、ひとりひとりの働きが輝き、それぞれががかけがえがなく、それぞれの働きを大切にしていきたいと心から思える訪問となりました。

いつまで・・といっても答えられません。なぜ・・といっても言葉につまります。でも、今目の前で、ご縁があり、こうやってつながり、それぞれが輝ける場所を提供できることがありがたく、そのような橋渡しこそ私たちの役割なのかな・・・と漠然とではあり、うまく言葉にはなりませんが、今後のやる事も見えてきて、やる気満々で帰国することができました。

訪問させていただき、ありがとうございました。