2014年7月11日金曜日

富士山&満月リトリートが始まりました!

7月11日、富士山を臨む河口湖にて、ガユーナセアロ師のリトリートイベントが開催されています。台風8号直撃、警報が発令!という関東でしたが、今日は朝から快晴♪富士山がくっきりと見え、夕方にはぽっかりとお月様。明日は満月です。

今回の合宿セミナーは、私たちGHSが福山で実施している協働体験学習リトリートと同じコンセプトで、人や自然環境との関わりを通じて、自分の心の平和を深めるための内観や、恵まれた日本の豊かさや美しさへの気づきを促そうとするものです。こちらの会では、福山の田畑での農業体験ではなく、料理が課題ということで、大勢の方が集まっていらっしゃいます。

物にも全て心があり、食べ物も同じ。そして協働する周りの人への気配り、心配り、思いやりを意識して、3日間を過ごしましょう。お話の時間だけではなく、課題を行ったり寝泊りする生活空間・時間のすべてにおける行動と心の動きを見つめることが、このリトリートの基本。…講師からお話があり、引き続いて、料理の基本は、包丁研ぎから!と、初日から夜遅くまで真剣に包丁を研いでいます。

今回、GHSは、有難いことに福山拠点の田畑のお米や野菜の提供をお声掛け頂き、お米、じゃがいも、玉ねぎ、大根、ニンジン、キャベツなどを送らせて頂きました。ありがとうございます。また、縫製チームがアメリカからご依頼いただいた、瞑想クッションのセットも、参加者の皆様からご協力を頂きました。ありがとうございます。

今回、GHSの国際協力事業の活動紹介と展示もさせて頂きつつ、協働をテーマとしたセミナー実施の参考としてしっかり勉強させて頂きます!


このリトリートでは、お話やアドバイスを聴き、そして協働で準備~料理~食する~片づけまでを続けて行い、また振り返りのお話を伺って瞑想、という流れの中で、自分の意識目標を設定して、自分の行為や心の動きに注視しながらすべての課題に取り組みます。いわば、仕事時間、自由時間のすべてで各自が自分のペースで内観していくというものです。

和の国に生まれ、和を尊ぶとはどういうことか、考えさせられました。講師の伝える、「調理とはすべてを調和させること。霊長類だという人間が、食べられる食物のいのちに意識することもなく、むさぼり食欲を満足させるのではなく、自分の中に採りいれた食べ物と調和し自分を通じて共に生き活かすこと」というお話が心に響きます。

朝からの曇り空も、
満月スィーツ作成と共に
空には明るい満月が!
何時間もかけて作るお料理や、心を込めて手早く作る朝食、言葉に言い表せない感動のスィーツなど、材料もふんだんに使われ、沢山頂きました。これだけの食べ物のいのち、エネルギーを頂いて、私たちがどう活かすのか。責任重大だな、と思う一方で、わくわくと楽しみがわいてきます。鶏さん、野菜さん、一緒に人生楽しみましょうね!

GHS福山の田畑からの農作物も、参加者の皆様が調理し食して下さり、残り物なくきれいに持ち帰ってくださいました。また、活動紹介をさせて頂き、沢山のご協力も頂戴いたしました。ありがとうございます!!!