2014年8月30日土曜日

カンボジアDACC奉仕研修リトリート終了しました!<船津>

朝のご講話の様子(A館にて)

実習ファームにて野外奉仕活動終了後、記念撮影!
2014年夏のカンボジア奉仕研修リトリートが無事に終了いたしました。
8月22日~27日の4泊5日間、講師にガユーナセアロ師をお迎えして「生きること、活かすこと」をテーマにプログラムを開催させて頂きました。

DACCで6回目となるリトリート、男性2名、女性4名の計6名のご参加を頂き、私たちGHSメンバー4名を合わせると総勢10名。
1日2回朝夕にセアロ師からアドバイスを頂きながら、参加者全員で寝食を共にしながら、DACCやセダナJAPAN、実習ファームでの作務やワークで共に汗をかきました。

A館での作務



セダナJAPANでオムライス作りに挑戦!
MYロンジー作り体験ワーク
ご到着時は少々緊張気味の参加者の方もいらっしゃいましたが、共に汗を流してご奉仕されるうちに参加者さま同士の絆もどんどん深まって、笑顔が絶えない感動の涙いっぱいのプログラムとなりました。

プログラム終了後の参加者の皆さまのお声には、
・目の前のことに一生懸命になり、いい汗を流すことがとても気持ちがよく生きている感を感じることがてきました。
・皆で1つのことをやりたいことをやる楽しさ、達成感を味わえた。
・他人の喜びは自分の生きる喜びになること、またそれが生きるための動力につながるということ
・初めての草むしりに対応して、無心に汗が出ていても、嫌ではないと思ったり、自分の汗がいとおしく感じました。
・自分自身と向き合いながら、リトリートで知らない間に沢山の気づきを頂きました。
・日常の中に心をこめて、自分自身を生きる、自分を楽しみことの大切さを体験をもって気づくことができました。
(アンケートより一部抜粋)を頂きました。

日本とは異なるアジアの不便な生活の中で、汗を流して働き、そして静かに自分自身をみつめ、「食べて」「働いて」「寝る」という日常の中に、奉仕の原点を心で感じて頂けたのではないかと思います。私たちも、グローバルハートスペース、またDACCの原点を振り返る貴重な機会を頂きました。
近所の子ども達もお手伝い
日本から届けて頂いた物資も、プログラム中に早速セダナJAPANでご紹介させて頂きました。日本で物資を集めてくださった皆さま、梱包や準備をして国内からサポートしてくださった皆さま、そしてカンボジアに足を運んで下さった参加者の皆さま本当にありがとうございました。




アンコールワット研修
引き続き、DACCでは、日本とカンボジアの架け橋となることを願って、現地での活動を続けてまいります。
ぜひ、何度でもDACCを訪れてくださいませ。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

リトリートの様子は、こちらのブログもご覧ください。

(reported by KABAKO)