2014年12月7日日曜日

石座布団作り&マイエンザ実習会 <横田>

佐賀国際協力展示会会場の寺子屋かんざきに集ったスタッフメンバーで、この場所で国際協力につながる活動の啓発のきっかけになるように、企画したイベントに参加しました。

午前中はカンボジア手織りシルクのはぎれを作った石置き用の座布団作りをしました。シルクのはぎれをなんとか活かしたいという思い、また手仕事が好きな人達が、自分にできるご奉仕の機会を提供できるように企画したものです。
手縫いでひと針ずつていねいに仕上げていきます
ちょうど手仕事をしている時に、イベントに来場された方がこの手仕事作品の背景ストーリーに賛同して下さり、作品が出来上がるまでお待ちになって協力下さいました。
石用座布団の出来上がりをとても喜んでくださいました。


午後からは、身近な食材で簡単に作れるマイエンザ(微生物活性酵素)づくりの実習会をしました。使うと家庭から排水口→河川までの水質を微生物の力で浄化できるというすぐれものなので、それを一人ひとりが利用することによって、地球環境の向上に貢献できます。

遠路はるばる石川より駆けつけたスタッフが日常的に利用しているこのマイエンザの作り方や利用方法など参加者の方に実習しながら伝えていきます。スタッフ自身が体験している効果などは、やはり説得力もあり、その素晴らしい効果に参加された方々は興味深く聞き入っておられました。
今回の機会により、今後この拠点(寺子屋かんざき)で地元の方々とマイエンザの勉強会を開こうと話が盛り上がっておりました。

寺子屋かんざきの拠点が、こうした活動を今後も継続して、この拠点にくることで心豊かになれる場になっていくことが駆けつけた仲間の願いでもあります。