2015年2月20日金曜日

2015年2月海外リトリート~後半~<船津>

Peaceful Heart&World平和推進事業


研修3日目

翌朝は、今回の講師でもあり、特定非営利活動法人CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパン(GHJ)の創設者であるガユーナセアロ師が10年来継続して訪問されているSPT寺子屋へ同行させて頂きました。寺子屋の子どもたちは、歓迎の踊りで迎えてくれました。



そして、ここの寺子屋では、日本兵の軍刀を拝ませて頂けるという大変貴重な機会を頂きました。


「後世に残す愛」をテーマで進めさせて頂いたプログラムの中で、この無言の軍刀が訴える深い愛に触れ、志を託して下さった英霊の正しい生き方、人間としての貫く行動からの意識に、心震わせ、涙する参加者の方も多く、日本人としての精神を持った自分であることの自覚と改めて平和への感謝を感じる機会となりました。

夜にはアジアの青年より、「今の日本人に聞いてもらいたいこと」をテーマにスピーチをして頂きました。今の日本人が忘れかけていることを思い出させてもらう心に響くお話しに、参加者の中には、ご自身の子どもにも聞かせたかったとの感想がありました。


研修最終日

朝からお世話になった会場へ心を込めて作務を行い、最終ご講話を頂戴した後、会終了後には、会場近くの寺院へ参拝をさせて頂きました。

日本人として生まれ今の自分を生きること・・・
ご先祖から受け継いできた大きな愛をおひとりお一人が深く受け止め、平和な心を感じる機会となった研修でした。

ご参加頂いた皆さま、日本からサポートしてくださった皆さまありがとうございました。









+++ 番外編 +++

カンボジアDACCで製作した微生物活性酵素『マイエンザ』今回の研修中にも活用させて頂きました。また、研修中にもヨーグルトを仕込み、500mlペットボトルを使用して、マイエンザの製作を参加者の皆さんと共に行いました。

外で洗い物をして、そのまま土に汚水がしみこんでしまうアジアでの生活。。。実習での洗い物やお掃除に大活躍でした。













皆さんご帰国後に完成したマイエンザは、アジアの女性たちに使い方を説明させて頂き、お渡しさせて頂きました。

(reported by KABAKO)