2015年3月23日月曜日

福山拠点★女性限定まなびのじかん★プログラム1日目 <横田>

昨年に引き続き、女性限定の勉強会を今回は福山の拠点にて開催しました。参加者は6名とこじんまりとした人数ではありましたが、多彩なプログラム内容にもまとまりよく、講師からの細やかなご指導を受けることができた有意義な研修となりました。
今回のテーマは、「協働・奉仕を学ぶ実践と内観」です。常日頃、奉仕活動を率先して行われている参加者に向けて、協働とはどういったことであるのか、奉仕の神髄とは?といったテーマに沿ったご講話を聞きそして、実践ワークを行いながら内観を深めていくという流れで進められました。翌日の研修場所として寺院でのご奉仕をさせて頂くために、夜遅くまで、手縫いのぞうきん制作をみなさんで行いました。ただ制作するだけではなく、昔の日常生活の中で行われていた事柄、日本の歴史、日本人としての心についてのお話も拝聴し、自分の心を見つめながらのひとときでした。
手縫いの雑巾制作ワーク中!
手作りワークとして、雑巾の他にサラシと竹を利用したハタキ制作も行いました。
拠点近くの山にある竹を切りだし、ご寄付頂いたサラシを利用したてづくりハタキです。

ハタキ作り初体験!
翌日は、寺院での清掃ご奉仕です。お掃除はきれいにすることが目的ではなくそのプロセスが大切であることを教えていただきました。