2015年7月27日月曜日

石川展示会終了しました。<森田>

2日間の石川ハートスペースでの国際協力展示会が無事に終了しました。

1日目が終わり、反省やよかったことをシェアし、夜はアイテムもきれいに整え、少しレイアウトも変えました。
しかし2日目の朝になって、やっぱり納得がいかず、
朝7時から宿泊スタッフ4名で大幅にレイアウトを変えることにしました。

ガユーナ セアロ師のご指導では
「このくらいでいいだろうはいけません。こうしたほうが良いと思ったときは、すぐに行動する。」
と常々おっしゃっています。

心のどこかで、『いまからレイアウトを大幅に変えると大変だよ。』『このままでもいいのでは・・』『8時半のスタッフミーティングに間に合わないよ。』
など、脳みそはできない理由をならべ、やらなくてもいいのではというささやきをしてきます。
スタッフのみなさんも昨夜も、紛失したポップを、新しくつくりラミネートしたりと夜遅くまで仕事をしており、準備の段階からすでに大変な思いを重ねてここまできています。

このままでいくか・・しかし、これが最善ではない・・・そこでやっぱりセアロ師のお言葉が頭をよぎります。

2日目は1日目と違い、名古屋から団体でこられる方もあり、お茶を飲んだり、順番をまっていただいている間もみなさんが落ち着いた部屋で、しかもアイテムもゆっくりと見れるように部屋を少しでも広くしておく必要があります。

よし。やろう!
「みなさん、今からやるよ~!!」

スタッフにお声かけして、すべてのレイアウトを変更することにしました。

ふすまをはずすところから、アイテムをすべて取り払い、とまりの4名が必死の形相で働いているところへ、通いのスタッフが予定よりも1時間も早くきてくれ、すぐに参戦しました。

スタッフのみなさんもさすがです。
いやな顔ひとつせず、状況を考えてすぐに行動です。

「スタッフにはお手伝いさんは要りません」とセアロ師はおっしゃいます。
いわれたことをただやるのではなく、こういった予期せぬ状況になったときも、
それぞれが自分でどう動くことがよいのか、もっと良い形は・・
などとそれぞれが自分で考え、自らが動くことがお手伝いさんとスタッフのちがいなのだろうな・・とおもいます。

結局はスタッフ6名全員で、時間までに美しく整えることができました!!
スタッフの皆さんの連携はさすがでした!

レイアウト変更して広くなった空間でミーティングしました。

金沢産のお野菜も寄付いただき、会へのドネーションにつながりました。
ハスの花もご寄付いただき、会場に彩を添えました。

参加者のみなさんは、面談を終えた後いろいろとアイテムを手に取り、試着してくださいました。
アジアからのアイテムには、ここに来るまでにそれぞれドラマがあり、GHSメンバーはすべての工程にかかわっていることもあり、ついつい熱く語っています。

こういったアイテムひとつひとつ、どれをとってもたくさんの人の手を介し、
心と心がつながってこそ、ここにやってきています。
そうしたストーリーをお伝えし、そのご寄付がどのようにまた役立っていくのかをお伝えすることが私たちGHSの役割だともおもっています。


うっとおしいくらいに熱く語ってしまうことがありますが、どうぞお許しください。
お話を聴いてくださり、ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

そして石川プログラムスタッフのみなさま、ありがとうございました。
初めて泊まりでスタッフをされたメンバーは、妥協を許さないあまりのハードワークに目をまるくされたこととおもいます。
これに懲りず、またともに働きましょう!!