2015年8月23日日曜日

8月13日~20日 ミャンマー人道支援協力事業<大久保>

村の自立を目指し、推進されているココナッツ事業の国内外での応援協力に伴い、特非)CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンに同行し、村へ訪問させて頂いきました。
医薬品、ござ、食器類、調味料など支援物資をお渡しさせていただきました
7月からは地面がぬかるみ、車での移動が難しく、渡船で移動しました。日本ではミャンマーの洪水被害がニュースになっていますが、この辺りは毎年のことと動じません。

その暮らしの中で手作りの作業場、村人同士のチームワークを間近に見せていただき、一丸となって誠実に取り組まれていることを実感しました。

出発前より、セアロ師より「自分の目でみて、どう貢献できるか」とのお話をいただき、また、実際に村に到着してからは小さい子どもたちを目の前にして「子どもたちが将来この村で働くことができるようにしてあげたい」とのお話が響きました。

その後、場所を変え、農業・生活すべてにおいて役立つ環境浄化液「マイエンザ」の実習を村の皆さんと行いました。

一方、これまで関わりを持ち続けていた縫製プロジェクトのメンバーの中から自宅で洋裁作品と物品雑貨の店を開かれ、直接店を訪問させていただきました。看板を作り、日本からの物資が陳列されています。セアロ師より、さらに発展するようなアドバイスをたくさん受けられ、店主は自らカンボジアの拠点に出向き、物資の整理、運搬を行うこととなりました。日本とアジアをつなぐ私達の物資事業はミャンマーのお店につながれます。セダナJAPANのパッケージや展示を見習いたいとのこと。どうぞ、お店の経営に大いに役立ててほしいと思います。




<Reorted by TOMIKO>