2015年11月16日月曜日

日米合同GOHANリトリート開催<大久保>

11月6日~8日までガユーナ・セアロ師を講師に迎えて日米合同GOHANリトリートが北海道十勝温泉にて開催されました。

自己尊厳から他者への敬愛 ~真の日本のグローバル化は、自らを知り、他者を知ることから~と今、日本、そして世界が向き合うべき多くの課題は、私達一人ひとりに無関係ではないのではということ-。今この地球に生きる私達一人ひとりの心のあり方、生き方が、全体を形成している1つひとつであり、今の世は自らの写し鏡とも言えるのではないかという視点から、今の自分、今の一歩に正面から向かい合い、生き方を見つめなおす機会を持つことができました。





今回のリトリートでは、セアロ師に「こころの食育」の手ほどきを受けながら、日米合同で調理実習が行われました。グループごとに電気炊飯器を使ったお米の料理を作り、9種類も、バリエーション豊かに、前評判どおりの「Amazing GOHAN!!」が出来上がっていきました。




皆さんの「古米」のイメージはどうですか?
前年に収穫された米を古米というそうですが、今回は、アメリカの一番美味しいとされる日本米と昨年度米と10月に収穫されたばかりのお米の炊き比べも行われました。

我らの福山で10月26日に収穫されたばかりの新・心米!!
日本人が古来より手間暇かけて作ってきた大切なお米。
楽しく料理をするだけでなく、体験を通じて、食や料理に対する意識や心の持ち方をたくさん感じ入ることが出来た時間となりました。植物性のモール温泉やオプションのセラピーもとても反響がよく、参加者の皆様はとても喜んでくださいました。


一方で、同時に開催させていただきました東南アジアの自立支援につながる展示会も盛況で、
たくさんの方が耳を傾けてくださり、ご協力をくださいました


今回は自分らしさ発見講座 オープンスペース沙美さんと共に準備をさせて頂きました。今後も一人ひとりが今の自分を生きることを喜びに感じられること、自分らしく誇りを持って正々堂々と歩めること、自らの命を輝かせ、生きる喜びに満たされた人がこの世に一人でも増えていくことを願って、平和学習会を企画できたらと思います。

ご参加くださった皆様、開催に向けて見えないところでご尽力くださった皆様、ありがとうございました!!


<Reported by TOMIKO>