2015年11月21日土曜日

福山拠点 くまの園にて<船津>


カンボジアダイレクトアクションセンター(DACC)より一時帰国し、1ヶ月間福山に滞在させて頂いてます。今回は、DACCにて協力NPO(CEALOグローバル・ハーモニージャパン)の招聘により日本語技能研修に参加しているミャンマー人の青年に同行し、福山拠点にて実地研修に私たちグローバルハートスペースも参画協力させて頂いています。

左:くまさん/右:研修生 野菜の発送準備をしながら日本語練習
先に日本へ帰国されていた亜弥迦さま、ウィンさんと合流し、福山くまの園では寒空の下手作りのパン釜作りが各地のご奉仕の方と共に行われています。

ミャンマーの村の自立を目指し、私たちグローバルハートスペース(GHS)も応援協力させて頂いている椰子油プロジェクト。一滴、一滴を心をこめて手作りされた椰子油を使用した安心で美味しいパンをミャンマーの村でも焼けるようになったらと、今はここでは1個ずつ1個ずつ目の前のレンガが積み上げられているところです。

福山拠点は、当初よりアジアの青少年の自立支援のための研修を将来行える場所になることを夢見て運営をはじめました。

いつもは、GHSのメンバーのくまさんが一人で田畑を耕し、アジアへの物資の準備や、各地で開催されているアジアの国際協力展示会のための発送の準備などを行っています。くまさんがこつこつと日々日常のことを行ないつつ、地域のお年寄りや各地からご奉仕の方が訪れてくださる場所に少しずつなってきました。

さらにたくさんの方に気軽に足を運んで頂き、いつでもご奉仕をして頂ける場所となるようただいまくまの園大改造中です。

このたびは、今後日本人とアジアの青少年の様々な研修の場としてもっと福山拠点をを活用できる施設になるように蔵を大改造し、改修工事をボランティアの皆さんと一緒に行いました。ココナツオイルを使ったワークや、食を通じての学び、奉仕研修の場として活用していけたらと思います。

ミーティング中
蔵の大掃除

物資整理用の棚の製作
ワークで野外でもお湯と水を使えるようにシンクの取り付け

●くまの園の様子はこちら(ブログ)

今後もくまの園が、奉仕体験を通じたアジアと日本の架け橋拠点、また訪れてくださった皆さんが奉仕を体験できる場所として集える場所とになることを願い、一歩一歩目の前のことを行っていきたいと思います。ぜひ皆さんもお気軽にお越しくださいませ。引き続き応援をどうぞよろしくお願いいたします。

(reported by KABAKO)