2015年12月22日火曜日

パンの会を開催  <森田>

福山の拠点『くまの園』にて、現在ミャンマー人のウィンさんが中心になって窯を製作されており、先日完成しました!

こちら、まだ扉が入る前の写真ですが、耐火ボードで密閉しての初のパンの窯出しが行われ、温度も適温を保持することができ、無事に焼き上げることができました。

福山第1号のココナツオイルのパンです。
窯の最後の仕上げの扉ができあがり、
研修生2名と一緒に鉄工所に受け取りにまいりました。

無事に扉も取り付けられました!!

そして昨日は、広島の市内のミカGrand Cafeさんのご厚意により、
カフェにてウィンさんを講師にココナツパンの会を開催させていただきました。
最初にウィンさんと、GHSよりオラから挨拶させていただきました。
本日はカスタードクリームとリンゴのコンポートを入れたパン作りです。
1次発酵が終わった生地を成形します。
発酵を待つ間に原種のポップコーンを作りました。


発酵中は、ウィンさんから自己紹介とココナツオイルプロジェクトの活動報告を!
パンも焼きあがりました!!
焼きあがる間に、GHSの活動報告もさせていただきました。

出来上がったパンをみなさんでおいしくいただきました。

最後にココナツオイルについての説明に、
皆さん食い入るように見られました。
ココナツオイルの勉強もしっかりと!!
勉強することで、ココナツオイルの効能や、効果に納得。
継続して使われている方は大きくうなずいておられました。

福山の石窯で焼いたパンをウィンさんが持参されており、最後にみなさんにお持ち帰りいただきました。

福山に窯ができたことで、しっかりと活用させていただき、
今後はたくさんの方にきていただけるよう、引き続き動いていきたいと思います。